動物百科犬編_トップ画像

このページはhtml5+CSS3の勉強用に講師から配布されたtemplateを基に作成したものです。
写真や文章は主としてウィキペディアから利用されています。


 ペットは人の心を和ませ、楽しませてくれるので、飼われている動物のことである。人はペットとの様々なやり取りを楽しんだり、その姿や鳴き声などを鑑賞したりする。

 ペットの歴史は古い。ネコは古代エジプトの時代から現在のペットのように位置づけられており、鼠の駆除などの実用目的で飼われていたことが推測されている。またイヌに関しても、太古の昔から実用と愛玩目的も兼ねて飼われていたことが推測されている。

 ペットは人間の日々の生活に関わりのある動物であるが、人間の生活サイクルに対応できる動物や、逆に人の生活と干渉しすることをあまり好まない動物もいる。
ペットの中でも犬は人間の気心が分り、指導によっては盲導犬、警察犬等の分野まで大いに腕を振るっているものもいる。そういう意味で、以下にペット犬10種類を挙げていますので、興味のある方はご希望のpetを選択してください。

 ペットは生命をもった動物である。単なるモノとは異なり、栄養や環境など、健康や精神状態を始めとした様々なことに配慮する必要がある。人はペットの生存のためにエサを用意したり、ケージ、小屋、ベッド類などを用意して、様々な世話をする必要があり、その意味でペットは野生動物とは異なって人間との相互関係の中で生活していると言える。

 日本では動物虐待の防止や公衆衛生の観点から、ペットの飼育に関しては「動物の愛護及び管理に関する法律」や「狂犬病予防法」などの法令がある。

 ペットを飼うことには、そのメリットとデメリットが存在する。ペットを飼うことで飼い主は癒され、孤独感の解消などを得ると共に、愛情や思いやりの心が芽生える等の情操教育の効果もあるとされる。 ペットは広い意味で、飼い主の人生の多様性に貢献している。ただし、ペットを飼うことに伴う様々な責任や困難を理解せずに飼ってしまうと、近隣や周囲の人々に迷惑を及ぼし、またペットそのものに害を及ぼすこともある。